SEO対策>SEOについて

SEOが生み出す無限の可能性。奇想天外のSEO対策。

TOP 料金 成功事例 無料サービス メールでのお問い合わせ
SEO
ホームページ制作
システム開発
WEBコンサルティング
PCサポート

NEW ENTRIES

CATEGORIES

SEOシステム(株)

〒657-0843
神戸市灘区大石北町2-21 4階
TEL : 078-805-2622

メール

コンテンツマッチSEOの優位性

テキストリンクを買うSEOが流行していますが、このSEO対策を認めない方向にGoogleが動き出しました。コンテンツマッチ型SEOが、さらに有効なSEO対策になる時です。「SEOは基本に戻る」が、SEOシステム(株)のポリシーです。

コンテンツマッチSEOの優位性

最近SEOで検索すると、「テキスト公告によるバックリンク対策」を販売するSEO会社が上位に多数表示されています。

これは、現時点でテキスト公告によるバックリンクを買うSEO対策が有効である事を証明しています。Googleも公告を挿入してもらい、リンクをもらう事自体、一般的な公告であると、否定はしていません。

しかし、今回Googleは、「リンクの購入によるPageRank の向上は、Google の 品質に関するガイドラインに違反。購入したリンクは、Googleに報告する義務が生じる」とサイト上に表記し、申告フォームの設置をしました。

コンテンツマッチのSEOがさらに重要になってきます。

下記にGoole指針を記載していますが、有益な情報を確実に伝えるホームページの評価が、これからのSEOには、ますます重要になってきます。

これにより今後、リンクに頼るSEOは、大幅な順位変動が起こる事に、まず間違いなく、YSTにおいても、同様の措置がおこなわれるのは間違いない事です。

コンテンツマッチ型のSEO対策は、キーワードのマッチングは勿論の事、「このホームページは何を伝えたいのか、そして有益な情報を多数提供しているホームページである」という事を積極的に検索エンジンにアピールするSEO対策です。

また、1つのキーワードに執着せず、数多くの複合キーワード、そしてブログの併設による、自然文検索派のユーザーをも取り込んでしまう驚異のSEOが「コンテンツマッチSEO」なのです。

検索エンジンは日々進化しています。勿論SEOの技も日進月歩です。しかし検索エンジンが求める物。それは、「基本」であると言うことです。SEOの新しいテクニックが、基本から外れた物であれば、一時的な上位表示にしかならないという事です。

有料リンクを報告

以下Googleホームページより抜粋させて頂きました。

有料リンクを報告

Google の検索結果の品質を維持するためご協力をお願いします

Google では、ユーザーによりよい検索結果を提供するため、ユーザーと検索エンジンにとって分かりやすい明瞭なコンテンツを作成するようお願いしております。しかし、すべてのウェブ サイトがユーザーを考慮して作られているわけではありません。自身のサイトへの有料リンクという形で PageRank™ を「買おう」とするサイト所有者もいます。リンクの購入による PageRank の向上は、Google の 品質に関するガイドラインに違反します。

Google ではアルゴリズム的手法を含むさまざまな手法により、有料リンクを検出しています。また、ユーザーからのご報告も参考にさせていただいております。リンクの購入や販売を行っているサイトをご存じの場合は、ぜひ下記にご記入の上、お知らせください。送信内容を調査させていただくとともに、お送りいただいたデータを有料リンクの検出アルゴリズムに役立たせていただきます。

コンテンツマッチのSEO対策

コンテンツマッチとは

通常SEO対策にはバックリンク対策を推奨する企業が多いようです。勿論バックリンクも重要なSEO対策の1つです。しかしこのバックリンク型SEOは、どうしても少ないキーワードでしか上位表示を狙う事が出来ないのが欠点です。

キーワード事にホームページ制作を行い、バックリンクSEOを行うと、どれほどのコストがかかるのでしょう。

読ませる情報がコンテンツマッチのSEO対策

SEOシステム(株)でSEO対策を行ったサイト特徴は、とにかくコンテンツボリュームの大きさです。

元々インターネットで何を調べますか?

それは「情報」です。自分の調べたい情報がすぐ見つかる為のSEO対策を「コンテンツマッチ型のSEO」と私は呼んでいます。ホームページ制作会社には、すぐ「インパクトのあるデザイン」というコピーが出てきますが、そこに求める情報が無ければ、意味が無いのです。

情報が欲しいからインターネットを使う。ならば、求めれる情報を的確に、検索エンジンから伝えるSEOが真のSEOであると考えています。事実安定したSEOを求める場合、数ページ、或いはフラッシュのメディア思考のコンテンツで、何が伝わるのでしょうか。

コンテンツマッチのSEOは、新車カタログを想像してください。

新車をお買い求めになるとき、隅から隅まで説明されたカタログ。そして試乗。どちらも経験される事でしょう。コンテンツマッチのSEO対策は、まさにそれをインターネットという媒体に置き換える事なのです。

事実検索エンジンは、キーワードマッチ型、バックリンク型の順位評価から、コンテンツマッチするサイトへの評価に変わりつつあります。元々バックリンクの評価が重視されていたのは、人気サイトだからという意味、つまり情報豊富なサイトであろうという目測から始められた評価です。

安定したSEOはコンテンツボリュームから

コンテンツマッチのSEOは、いかに検索エンジンに情報豊富に見せるか、キーワードはマッチしているか、おかしな表現は無いかなどがキーになります。昔のようにDMOZを設置すれば良いという訳にもいきません。またパーマリンクも下手をすると逆効果の場合も無いとは言えません。

SEOシステム(株)では、このコピーライティングを行わせる為に、コピーライターを早くから使用し、取り組んできました。ライターから上がった原稿をさらにSEOに向けてチューニングする。それが私たちです。

魅力的なコピーと豊富な情報。これが顧客満足につながり、検索エンジンにも良い評価を与える秘訣なのです。

今SEOは基本に戻る時代へ来ました。SEOのお問い合わせ、ご質問は、お気軽にご連絡ください。疑問はすぐに解消します。

勝てるSEO

ホームページ制作とSEOは、今やセット販売のようになってきました。しかし、ほっておいても順位が上がるようなキーワードを指定して、SEOを知らないユーザーに自慢げにセールスをするホームページ制作会社も数多くいます。

勝てるSEOとは何ですか

勝てるSEO、それを計測したい方は、1ページの滞在時間を計測してみてください。平均滞在時間が1分未満のホームページは、即座に更新すべきです。そしてキーワードの見直しも必要でしょう。

また、コンテンツボリュームの無いホームページは、数多くのキーワードを拾う事が出来ません。勝てるSEO、勝てるホームページ制作は、「どれだけの求められる情報を求める方に提供出来るか」なのです。

検索エンジンがサイトの評価をする場合、外部リンクのみならず、「内部リンクを非常に重視している」事も大切なSEOの要素です。

SEOシステム(株)はコンテンツマッチ型のSEOを行います

勝つSEOを目指す方には、全てコンテンツマッチ型のSEOを行います。もちろんホームページ制作も数頁のものでなく、情報量豊富なBIGサイトに仕上げます。

勝てるホームページ制作=勝てるSEO、それが私たちが目指す理想のWEBサイトです。

お客様自身が、ウィキペディア(Wikipedia)になるべきなのです。

SEOで何が変わりますか?

SEOを行い、検索エンジンの表示順位が上がると、アクセスが増えます。通常充実したコンテンツの場合、3倍以上のアクセス数は十分望めます。

リニューアルなどを機会にSEOを

ホームページのリニューアルを機会にSEOを行い、驚異的なアクセスの増加を望む事が可能になります。SEOシステムでコンサルティングとSEO、ホームページ制作をトータルに行った(株)宝石のたなか様では、1日100PV(ページビュー)以下だったホームページが1日あたり平均4,000PV以上に、併設しSEO対策も行ったブログ等のアクセス数を加算すると1日平均7,000PV、年間250万PV以上のホームページに生まれ変わりました。

中学受験の早稲田アシスト様にはブログは勿論、都内中学の偏差値を検索出来るコンテンツをご提案。受験前の最盛期になると連日13,000PVを超え、レンタルサーバーのロリポップから解析用CGIを停止するようにクレームが付くなど、大変多くの方が利用するホームページに生まれ変わりました。

コンテンツの充実とSEOがあってこそ効果あるSEO対策です。

ごまかしのSEOでも順位は上がります。ただ順位を上げることだけに専念していませんか?ある程度まで順位が上がれば、コンテンツの充実で自然とSEOの効果が現れて来ます。「あと一歩上がらない」そんな時は目先を変えてホームページの「コンテンツボリューム」を見直してください。「あれ?」と思う思わぬSEOの落とし穴を自然と埋め、びっくりするくらいのアクセス増となることでしょう。

SEOとは何ですか?

SEOとは、検索エンジン最適化という意味です。

別に検索エンジンをどうこうするという意味ではありませんが、GoogleやYAHOO、MSNなどの検索エンジンでユーザー様が検索をした場合、1〜2ページ目に自社サイトを表示させることで、検索ユーザーを自社ホームページに誘導します。アクセスを増加させ、販売や問い合わせを比較的向上させることが出来るテクニックの事です。

もし何かを検索して探した場合、何十ページも探す事はしないでしょう。よく見ても2ページ目、3ページ目の上位30件程度までと思います。

この検索結果の上位に表示させる事で、「探している人を適切に誘導」することが出来るのです。

アメリカでは大手企業の約7割以上がSEOを意識しています。

SEO発祥の地アメリカでは大手企業の7割以上が何らかのSEO対策を行い、85%以上の企業がSEOは必要だというデータが出ています。このことから日本でもどんどんSEOを行う企業、個人が増加し、またブログブームによるアフィリエイターの急激な増加でますます激戦の順位合戦が起こることでしょう。

このページの先頭へ ▲

SEO対策 | ホームページ制作 | システム開発 | 成功事例 | コンサルティング | 無料サービス | 料金 | PCサポート業務 | お問い合せ | 会社概要
SEO対策からホームページ制作、システム開発、コンサルティング、サポート業務まで、お気軽にご相談ください。

Copyright (C)SEOシステム(株) All Rights Reserved.